口は災いの元
今から、4年ほど前のことです。

その頃は、今、お世話になっている病院ではなく、違う病院に通っていました。
あの日は、もも太のワクチンのために、病院に行ったのです。

そこで、片手に乗るほどの小さい子猫を連れた親子連れに会いました。
診察室から出てきて、その親子のお母さんが、私に話しかけて来ました。
a0064822_15403996.jpg「お宅も猫ちゃんですか~ぁ?」
「はい・・・。」
そのお母さんは、キャリーの中を覗き込みました。
その瞬間・・・

「デカっ!」

と言ったのです。
私は、言葉を失いました。
そして、あろうことか
「猫って、こんなにデカくなるの~~!!」
と叫んだのです。

叫んだんですよ!!

私ったら、それを聴いた瞬間、とっても意地悪な気持ちになってしまいました。(心狭!)
「あっという間に大きくなりますよ!この子だって、子供の頃は小さかったんですから!」と言ってしまいました。
すると、そのお母さんは、あろうことか、
「ええ~!!本当にこんなにデカくなるの~??どうしよう!」とのたまい言って、
会計が終わると、その親子は私を振り返ることもなく帰って行きました。
a0064822_15541914.jpg
私は、このことがきっかけで、動物病院では他の方に声をかけられないように細心の注意を払っています。
そして、私からは、声をかけないようにしています。
その子に対する思いは、人ぞれぞれですし、病院というデリケートな場所では、悪気なく言った言葉が、相手を傷つけたり悲しい思いをさせてしまったりすると思うのです。そうしたら、怖くて話しかけられなくなりました。

ただ、あの意地悪な気持ちで言ってしまった言葉が、今も心に引っかかっています・・・。
あぁ、どうか神様、あの時の猫ちゃんが幸せに暮らしていますように~!!(祈)

*猫ご飯 覚書*
1月27日と同じ

ピーチ食べず。
もも太、ピーチの分も完食。

今日、計6kgのお肉到着。
何から、試そうかなぁ!(ワクワク)
[PR]
by ももる | ▲トップ | by momo-ru | 2006-01-31 16:25 |
<< 昼間の様子 BLOG TOP 束縛感・・・ >>