2005年 11月 22日 ( 1 )
by ももる | ▲トップ |
もも太の執念!
我が家の台所はカウンター式で、廊下側に入り口があります。3匹までは、気をつけながら料理が出来たのですが、5匹に増えて、ギブアップ!!
a0064822_12474051.jpg
A氏に頼んで、カウンターは市販のメッシュパネルで侵入防止。
(見苦しくて失礼!)
a0064822_12385716.jpg入り口はA氏のお手製扉です。上のほうにリングに引っ掛けるだけの鍵みたいなものもついてます。
(またまた、見苦しくてすみません)

この出口からおいしいものが出てくることを知っているニャン達。私が、台所に入るとチェックしたくて仕方が無い。
どんなに大きい声で呼んでも、「開けて~~!」って頼んでも、開けてもらえません。
そこで、我が家の長男、ボス猫、ももたの出番です。

a0064822_1239721.jpg「ここに手を入れて~」
「よし!!外れた!」
a0064822_12391878.jpg「そしたら、手前に引っ張るんだよ!」
「麗、ちゃんと見ててよ!」
「こうだよ!」
a0064822_12392720.jpg「次は立ち上がって~」
「両手で持って~」
「桜、もうすぐだから待っててね!」
a0064822_12393755.jpg「抱え込みながら頭を入れるんだ!」
「抱え込むのがコツだよ!」
a0064822_12394767.jpg「ほら!あいたでしょう!!」
「行くよ!!」

最初は外側だけに鍵をつけてたんですが、料理中にもも太と麗が扉を開けるようになったので、内側にも鍵をつけてバージョンアップしました。
でも、この通り!麗は入れなくなりましたが、もも太には鍵なんてあってもなくても関係ありません。
もも太の執念には、頭が下がります。

「だって、テリトリーの確認もしなくちゃいけないし、僕たちのおいしいものを隠してないか、探さなくちゃいけないし!僕は大変なんだよ!」
[PR]
by ももる | ▲トップ | by momo-ru | 2005-11-22 13:17 |
BLOG TOP